グルメなら絶対に行っては行けない国〜イギリス〜

旅行

 世界一まずいと言われるイギリスの食事ですが、本当に、本当に不味いので
ブログに書いて後世に残そうと思います(笑)

私は別にグルメではないですが、
わりとなんでも喜んで食べる私でさえ、イギリスはキツかった・・。

今回、辛口なので閲覧注意

■ フィッシュアンドチップス・・・とりあえず

 私がもし、またイギリスに行くなら食べてあげてもいっか(上から目線)
と思う唯一の食べ物がフィッシュ&チップスです。

 とはいえ、普通の魚のフライと、フライドポテト。
「イギリスで、わりと普通に食べれる食べ物」と言うだけの話で、
日本で魚のフライ(フリッター?)にタルタルソースをつけて食べた方がいいです。

 店によっては、しなびたキャベツの千切りや、
フライをべちゃべちゃにする煮豆がついてきます。

■ ステーキ・・・ウェルダン!ウェルダン!

イギリス人は、火を通すのが好き
どの食べ物も、3分早く火からおろせばいい、と思うものばかりです。

ステーキはミディアムで頼んでも、カッチカチのウェルダンが来るので
レア気味に頼んだ方がいいです。
柔らかいお肉が好きな日本人にとって、タフ(すぎる)ミートはツライ。

店が悪いのかな?
と思い、トリップアドバイザーでわりと評価のいいお店にも
行きましたが、やはりイギリスでした・・・。


数年前にいった時は知らなかったのですが、

最近、世界で2番目に美味しいステーキの店
がロンドンにあると言う噂を聞きました。

「Hawkesmoor」(ホークスモア)と言うお店です。
ロンドンに行く機会があったら、イギリスの食イメージを払拭するために
食べに行ってみたいですね。

■ イングリッシュ・ブレックファースト・・なぜそんなに焼く!?

イギリスと言えば、有名なのは、イングリッシュ・ブレックファースト

定番は、
卵料理、焼きトマト、マッシュルーム、、ベイクドビーンズ、ベーコンなど
ですが、、、

焼きすぎて水分ないのが定石です。

〜人生最大の悲劇は、死んでしまうことではない。

それは、愛することを止めてしまうことだ。〜

などの名言で有名なイギリスの小説家、サマセット・モームが

「イギリスで美味しい食事がしたければ、1日に3回朝食を取ればいい」

と言ったそうですが、


他の料理が不味いから、同じ朝食3回食べた方がマシ


と言う意味なんだと思います。

口直しに、

パンにジャムつけて食べよう〜

と何も考えずジャムを手に取った私に悲劇が・・・!

■ 謎のジャム〜マーマイト〜・・衝撃の味

マーマイト・・・
これを思い出して、この記事を書くことにしたのです。

見ためは、チョコレートかピーナッツのジャム。
マーマレードやイチゴジャムと一緒のカゴに入っていました。

せっかくなので、
見たことのないジャムを食べようと手にとり、
パンに塗りました。

苦さと塩辛さ・・謎の醤油味!?


不快な衝撃が、舌先から全身を駆け抜けました。

だめだ、と思いつつも
口からパンを出し、ティッシュで包んで泣きながら帰りました。

甘いチョコレート味を想像してからのギャップだったので、
一生忘れられない思い出です。

もう二度と食べたくないですが、
アマゾンのリンク貼っておきます(笑)

チャレンジしてみたい方はどうぞ


まとめ

食べるのが好きな人は、イギリスをチョイスするべきではない

コメント

タイトルとURLをコピーしました