スプレッドとは?〜仮想通貨もとbitFlyer民によるFX為替トレード入門〜

FX入門

【 スプレッドについて 】

海外取引所はスプが広くて・・・
という声を聞くけど、そもそもスプレッドって何?

と疑問に思っている初心者さんや、

 仮想通貨しかやってなかったけどこれからFXをやってみようかな?
と思っている仮想通貨民のために、 

今日は、スプレッドについて説明します。

スプレッドとは?

はにゃ
はにゃ

買値(Ask)売値(Bit)差額だよ

こちらは、ドル円取引ボタンです。(SBI FXトレード)

今、ドル円は108.4840円で買えます。
売る時には108.4831円になります。

差額は真ん中の数字0.09円。

買ってすぐに売ったとしたら、0.09円(9銭)損をします。

これがスプレッド

狭ければ狭いほど有利です。
↓ SBI FXトレードはスプレッドが狭い

SBI FX

スプレッドは取引所ごとに違う

スプレッドは、取引所ごとに違います。

国内の取引所は、スプレッドの狭さをアピールする所が多いです。

それに対して、海外の取引所はスプレッドが広め
また、同じ取引所でも、口座の種類によって異なることもあります。
(GEMFOREXノースプレッド口座など)

はにゃ
はにゃ

取引すると、スプレッド分マイナスからスタートするよ。
入った瞬間びっくりするくらいマイナス!なこともあるから、
エントリーする前に気をつけてね。

スプレッドは通貨ごとに違う

ドル円ユーロドルのような人気の通貨はスプレッドが狭いですが、
トルコリラ南アフリカランドのようなマイナー通貨はスプレッドが広めです。

初心者はドル円やユーロドルなど、メジャー通貨を取引するのがいいでしょう。

どんな時にスプレッドが広がるのか?

為替レート急激に変動するとき

  指標発表などで大きく動いたときなどは、スプレッドが広がるので注意が必要です。

流動性が低いとき

  取引をする人がいない場合には、売り手と買い手のバランスが崩れ
スプレッドが広がります。マイナー通貨も、取引する人が少ないのでスプレッドが広いのです。

【 まとめ 】

 ・スプレッドは取引所ごと通貨ごとに異なる 
         → スプレッドは狭い方が有利、人気通貨を取引しよう


 ・為替レートが大きく変動するときは、スプレッドが広がる
         → 大きく動く時には入らないようにしよう

はにゃ
はにゃ

取引ボタンを押す前に確認しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました