仮想通貨FXは、レバ2倍・国内取引所よりレバ100倍・海外の方が安全説

FX入門

■ レバレッジが低いと安全?

金融庁仮想通貨のレバレッジ取引上限をさらに規制し、
現在のレバレッジ4倍から、更にレバレッジ2倍に 引き下げるのではないか、
と報道されました。

理由は、レバレッジ取引は危険で利用者保護の観点から、とのこと。

はたして本当に、レバレッジが低いと安心なのでしょうか?

AさんとBさんを例に、考えてみました。

■ 国内取引所と海外取引所を比べてみよう

1)現在、ビットコインの値段は80万円。

Aさん国内取引所でBTCのトレードをしています。
ロングポジション1枚を持つのに、必要な証拠金40万円

一方、Bさんレバ100倍海外取引所を利用。
同じロングポジション1枚に必要な証拠金8千円です。

2)急な値動きで10万円幅下がりました。

Aさん10万円含み損

Bさんは、ゼロカットで証拠金8千円が0円になりました。

3)さらに下落!マイナス40万円でBTCは30万円に

 Aさんは、CB(サーキットブレーカー)後に
追証(おいしょう/追加の証拠金)を請求されました。
 うまく買い手がつかず、マイナス50万円の損失でカット。
証拠金40万円全てでは足りずさらに10万円支払わなければなりません。

証拠金が0円になってしまったBさんは、追加でさらに8千円を入金しました。
大暴落により、すぐにゼロカット。またも8千円の損失です。

4)さて、どちらが安全でしょうか?

さて、本当に危険なのはどちらでしょう?

Aさん(国内取引所レバ2倍)        ・・・ トータル50万円の損失

Bさん(海外取引所レバ100倍ゼロカット) ・・・ トータル1万6千円の損失

■ FX初心者は、損切りが苦手

 わかりやすくするため極端な数字になってしまいましたが
低レバレッジは別に安全じゃない、というのがわかってもらえたと思います。

もちろん、海外取引所を利用する、Bさんのレバレッジ100倍だと
すぐにゼロカットになってしまい、まともにトレードできませんし、
維持率100%のフルレバでトレードするのは自殺行為です。

Aさんも損失がそこまで膨らむ前に、手動で損切りできていれば
それほど問題はなかったでしょう。

ただ、
思い当たる方もいるかと思いますが、
初心者は損切りが苦手です。
損失額が大きくなればなるほど、損切りをする手が震えますよね?

損切りしたくなくて、チャートを閉じて寝ポジ


そういう経験は、実際にトレードをしたことのある方なら
誰でも思い当たることだと思います。

■ まとめ

初心者は、なかなか自分で損切りができません

なので、ゼロカットはとても親切なシステム。
失っても生活に支障の出ない、余剰資金だけ入金しましょう。

そして、レバレッジも上手に調整することで、
少しのリスクでトレードすることができる優れたシステムです。
うまく活用して、資金を増やしていきましょう。

 今からBTCFXチャレンジするなら、
海外取引所がおすすめです。

レバレッジ100倍!安心ゼロカットの海外取引所 BitMEX

コメント

タイトルとURLをコピーしました