北海道知床・稚内・礼文島の旅〜旅行準備編〜

旅行

急だけど、旅行記始めました。

 

こんにちは(๑╹ω╹๑ )

こちらは、仮想通貨旅トレーダーになりたい、はにゃの旅行記です。
トレードとブログを書きながら旅をしたい!と思い立ち、記事を書き始めましたw

旅行好きな人に向けて、
便利な情報が書けるといいな、と思っています。(仮想通貨の情報は少なめですw)

 

が!
素人なので、日記テイストでスタートすることをお許しくださいw

 

同じ北海道なのに、世界遺産に行ったことがない。

北海道住みでも、行ったことのない場所がたくさんありますw
北海道、広いですから!

2005年に世界遺産に登録された、知床(しれとこ)もその一つ。

せっかくなので、
死ぬ前に一度行ってみたい、と思いました。

 

が!!
google map見てびっくりした!

函館ー知床ー距離時間

670キロ!

約9時間!(高速使って!)

 

・・・遠っ!!! Σ(*´◒`*)

 

徒歩だと、寝ずに6日もかかる知床半島。
東京から青森までを想像すると、わかってもらえるかもしれません。(約600キロ)

確かに遠いけれど、
北海道に生まれて、また、今も住んでいる人間として、
知床に行ったことがないのは
ちょっと残念な気がしました(・_・; モッタイナイ

 

旅行前の準備

高速道路ふりーぱす

 

ということで、夏休みを利用し
知床への旅、そしてついでに稚内まで行っちゃおう!w
と、北海道旅行を計画しました。

コスパと機動性を考え、車の旅一択!

とりあえず、高速道路利用は必須と考え、
高速道路乗り放題

北海道観光ふりーぱす

を購入。

 

知床まではカバーされてませんが、
函館から札幌方面、帯広付近まで使えるだけでも相当便利です!
※稚内方面は、旭川〜札幌

ETCカードがあれば、
レンタカーでも使えるそうですよ〜!

 

また、
本州から北海道へ、車での旅行を計画している場合には
フェリー代金と北海道高速道路ふりーぱすがセットで割引になるサービスがあるそうです。

詳しくは、こちら → ドラぷら

 

 

テント

その他、
テントと寝袋をAmazonで購入。

 

私が買ったのは、これ。 約6,000円!
ホテル宿泊料金と比べて、なんと1泊で元がとれます!w
(夏休み料金だったからどこも1万円オーバーだったなぁ)

ANTSIR ワンタッチテント 3~4人用 設営簡単 ワンタッチで簡単 防災用 2WAY テント 撥水加工 キャンプ用品 紫外線防止 登山 折りたたみ 防水 通気性 アウトドア 3色選択可能(グリーン)

ワンタッチ、とか言っても
けっこう設営大変なんでしょ〜?と、半信半疑でかいました。

が!!!

本当にワンタッチ!
力のない私でも、1分で組み立てられます!

傘広げるくらいの感覚でとっても便利♪( ´θ`)

 

 

キャンプマット

なくてもいいかもしれませんが、
買ってよかった( ´∀`)

ゴロンと寝転がっても、ふかふかでぜんぜん痛くないです。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 2人用 レジャーシート EVA フォーム マット ダブル 収納袋付 140×217cm UB-3001

こちらをマットレスがわりに、テントの中に広げます。
少し大きめですが、ちょっと折り込んで使いました。

約4,500円 と、テントに比べて少しお高めな気がしますが、
寝心地がいいので、買ってよかったです🎶

 

 

寝袋

そして、寝袋です。一人ずつより安かったので、2人用を購入。
子供が小さければ3人でも寝れそうな大きさでした。

Ohuhu 寝袋 封筒型 2人用 丸洗いok 連結可能 耐寒温度-5度 枕付き レッド

夏とはいえ、北海道の夜は寒かったりするので、
寝袋がおすすめです。

実際、稚内は寒かったw

サイドが開けられるので、暑かったら手足も出せますよ〜(๑╹ω╹๑ )約4,000円

 

キャンプ道具はOK、ほか無計画w

 

キャンプセット一式で、約15,000円。

  

雨の日とか、疲れたら
ホテル泊にするとして、

基本テント泊、の予定で旅に出ました。
(ホテル、キャンプ場など予約なしw)   〜つづく〜

 

次回、絶望のテントトレード編へ!(うそw 本当は、函館→屈斜路湖→知床編

 

以上、最後まで読んでくださって、ありがとうございました(о´∀`о)

コメント

タイトルとURLをコピーしました