WordPressブログで、ビットコインの現在価格を表示させる方法(API)

未分類

ご自分のブログにビットコイン価格を載せたい方へ

ご自分のブログのサイドバーに、現在のビットコイン価格を表示したくないですか?

はにゃ
はにゃ

PCでご覧の方は、→をご覧ください!

ビットコインのチャートを表示させる方法

上のチャート部分は、Trading Viewの詳細→ウィジェット から追加することができます。

仮想通貨をトレードしている方は、MT5ではなく
TradingViewを使っている割合が多い印象です。

パートナープログラムもありますよ。

APIを使って、ビットコイン価格を表示させる方法

WordPressをお使いの方は、以下の手順で表示できます。

テーマエディターからfunction phpを編集

外観→テーマエディター→function phpへ

function phpに以下のコードを入れます。

//ビットフライヤーの価格取得関数
function btc_func() {
$api_url  = 'https://api.bitflyer.jp/v1/ticker?product_code=BTC_JPY';
  $response = file_get_contents( $api_url );
  $result   = json_decode( $response );
  return "<span style='font-weight:bold'>".number_format($result->ltp)."</span>";
}
add_shortcode('btc', 'btc_func');

BTC価格を表示させたいところにショートコードを入れる

サイドバーなら
ウィジェット→サイドバー→テキストhtml → 入れたいところに
と入れる
現在のビットコインの価格3,876,285
はにゃ
はにゃ

↑読み込み直すとBTC価格が変わるよ

BTCFXもイーサリアムも表示できます

$api_url = ‘https://api.bitflyer.jp/v1/ticker?product_code=BTC_JPY‘;
の部分を、FX_BTC_JPYに変えればBTCFX価格に、
ETH_JPYに変えるとイーサリアムの価格になります。

こちらが公式のAPIのページです。ご参考にどうぞ。

bitFlyer Lightning API

【追記】
子テーマに入れた場合には必要ありませんが、
親テーマに入れた場合、テーマの更新で上書きされてしまいます。
メモしておいて、更新後に再びfunction phpに入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました